Search
Search Menu

合宿免許を取るときのバイトの休み方

バイトといえど、合宿免許に費やす日数、平均3週間程度の長期休暇はなかなかの難関です。零細企業の正社員ならまず首になっても仕方ありません。バイトであっても状況によってはかなり厳しい対応をとられる覚悟は必要です。かといって今は、人手不足の売り手市場です。非正規雇用のアルバイトは大変重宝されていますので、早々首になるようなことはありませんが、やはり人間関係を壊さない為にも休み方には注意したいところです。気を使わなければならないのは、まずあなたのバイト先で何人でシフトを組んでいるかです。あなたが休めば当然休日シフトの方が換わりに出ることになりますので、店長の許可よりも同僚、バイト仲間の了解を得るところからはじめます。正直に合宿免許に行くことを言うのと、平均合宿期間を伝えどのくらい休みが必要かを伝え、その間、シフトを増やしてもらう交渉をして了解を得た後、店長や、上司に報告し、業務に支障の無いことを告げた上で行くことが重要です。上司にしたら仕事さえ回ればバイト間で揉め事が起きなければ通常了解してもらえます。また、合宿でなく、通所形式で通うと、数ヶ月にわたり、その日ごとにシフトに無理を言ってもらわなければならず、結局一気にことを済ますか、だらだらするかを考えると上司も同僚もどちらが得策かが分かるというものです。また、合宿免許は通所に比べ、価格も非常にお得ですのでバイトの月額くらいは違ってくるはずです。そういったことは言わずとも上司、同僚みな分かってくれますので、あまりウキウキしないように申し訳ないという気持ちをきちんと伝えることでバイトを休ませてもらうことができます。1つは、職場にもよりますが、1ヶ月前くらいには報告すること。2つは、休み前のシフトでは先に同僚の無理を聞いてあげること。